Spring と DDD を用いた開発ガイドライン制作支援

2020

非公開

クライアントのシステム開発プロジェクトにおいて、Spring Framework とドメイン駆動設計 (DDD) を効果的に活用するための開発ガイドラインを策定し、開発チームの生産性向上と品質向上を実現する。

背景と課題

クライアントは大規模な会計システムを開発しており、そのシステムは高い可用性と拡張性を必要としていました。 従来の開発手法では、以下のような課題がありました。

  • 要件の複雑さによる開発の遅延
  • テナントの増加に伴うパフォーマンスの不安
  • セキュリティ要件を強化したい
  • プロジェクト間でのベストプラクティスの共有不足

提供したソリューション

当社は、以下のステップで Spring と DDD を用いた開発ガイドラインを策定しました。

現状分析

  • クライアントの既存システムと開発プロセスを詳細に分析。
  • 開発チームとのワークショップを通じて、具体的な課題とニーズを把握。

ガイドラインの策定

  • ドメイン駆動設計(DDD)の基本概念や今回のアーキテクチャの概念図を理解しやすい形でまとめ、クライアントのビジネスドメインに適用
  • Spring Framework、CQRS、TDD のベストプラクティスを取り入れた設計・実装ガイドを作成
  • プロジェクト構成、パッケージ構成、依存関係の管理方法を具体的に示す

テンプレートとサンプルコードの提供

  • ガイドラインに沿ったテンプレートプロジェクトを作成し、サンプルコードとともに提供。Spring REST Docs を利用し、単なるドキュメントではなく「実際に動かせるコード」の掲載を維持

トレーニングとサポート:

  • 開発チーム向けにワークショップとガイドライン説明会を実施。
  • ガイドラインの適用に関する質疑応答とフォローアップサポートを提供。

成果と効果

  • 生産性向上 : 開発ガイドラインにより、開発チームは標準化された手法で効率的に作業を進められるようになり、プロジェクトの生産性が向上しました。
  • 品質向上 : コードの一貫性と可読性が向上し、バグの発生率が減少しました。
  • スムーズなコミュニケーション : ユビキタス言語の導入により、開発チーム内およびビジネス側とのコミュニケーションが円滑になりました。

Kubernetes プラットフォームの UI デザイン・実装支援

グッドデザイン賞のデータマネージメント・プラットフォーム構築支援